れん 考えたこと

その仕事は「他でもないあなた」だからできること?やりたいことやろうよ

投稿日:

スポンサーリンク

 

 

ナリワイはドラムと読書と旅(にしたい)。れん(@koseren7521)です。

 

日常でサービスを受ける機会って多々ありますよね。

コンビニしかり、郵便局しかり、レストランしかり。

 

先日免許の更新に行ってきたのですが、1時間ほど道路交通法の諸々の説明を受けます。(長い)

あれもサービスといえばサービス。

そのダラダラと抑揚なく喋る講師の説明を聞いてる時に思ったんです。

 

「これ映像と音声でよくない?」って。

一人一人にモニターを用意して、それぞれの速度でかわいい(かっこいい)アナウンサーが喋る動画を見てもらって、最後にちょっと問題解いてもらう、とかでいいじゃん、って。

「事故を起こさせない」ことがゴールならそれでいいはず。

 

人のやる気のなさ、その仕事への適性のなさは伝わる

  • コンビニ
  • 郵便局
  • レストラン
  • 不動産

などなど世の中にはいろんなサービスがあります。

そのサービスが雑なとき、ってまぁまぁな頻度であると思います。

 

「コンビニの店員さんの声が小さ過ぎて何を喋ってるかわからない」

「ホームセンターで売り物の場所を尋ねたら無言で案内された」

「レストランでメニューが出てこない、遅れて持ってきても謝らない」

とか。

 

それだったらよっぽど機械に接客されたほうがいいですよ。

せっかく人がやるんだったら人間の温かみを感じる接客を受けたいなー、と。

 

奥芝商店のおばあちゃんたちは最高

札幌にあるスープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃんというお店はご存知でしょうか?

札幌円山公園や北海道神宮から徒歩10分の静かな住宅街にある

奥芝商店の中でも1、2をあらそう分かりにくさ。

その中に、今までに無い奥芝商店が…

なんとおばぁちゃんが主役のお店なんです!

(*おばぁちゃんとは言えないお母さん達もいます)

おばぁちゃん達が活き活きと働く店内は

和を基調とした落ち着いた作り。

働くおばぁちゃん達は60歳以上。現在最年長は74歳!

いろんな事を教えて下さいます。

さすが人生の大先輩は違いますね。

定年なしに、行けるとこまで行く!

その生き方を背中で語ってくれます。

食材も直接農家さんや漁師さんに会いに行き

取引を始めて頂いた良質なものを多数用意しています。

それらを使った厳選メニューは

おばぁちゃん達が長年作ってきた確かなものです。

ばぁちゃん達の温かい接客と

精一杯の努力の商品でお待ちしております。

おくしばぁちゃんとは、より引用

 

おばぁちゃんたちが接客してくれます。

まぁ〜、丁寧ですよ。

 

「遅くなってごめんねぇ」

「熱いから気をつけてね!」

心暖かくなる一言をかけてくれます。

 

飲食店に大事なスピードの部分はどうしても欠けてしまいますが(笑)、いいですよね〜。

スピードが求めらない「おばぁちゃんBar」とかやったらいいと思うなぁ。

 

前職場近くのファミマのおばさんも最高

前の職場にファミマがありよく行っていたのですが、会計のときに必ず

「今日も頑張ってくださいね」

「外暑そうですね〜、気をつけてください」

と一言添えてくれるおばちゃんがいました。

 

コンビニの店員さんにも関わらずおばちゃんには固定客がついてます。

レジが暇なときに立ち話してるお客さんとかいましたからね。

他の業務時のおばちゃんはわかりませんが、会計のときはめちゃくちゃイキイキと仕事をしていました

 

前職場から一番近いコンビニはセブンイレブンだったのですが、

おばちゃんに貢献したい思いからちょっとしたお菓子を買うのもファミマにしたりしていました。

 

こういうことなんだよなぁ〜。

 

他でもない「あなただから」できることを仕事にしよう

AIが入ってきて、今人が従事する仕事はどんどん機械に置き換わっていきます。

機械でもできる仕事がある中、せっかく人が従事する仕事には「温かみ」を感じたいな、と思いませんか?

 

そのとき大事なことが他でもない「あなただから」できること、という意識

 

「自分だからやる理由がある」

「この仕事は私にしかできないこと」

「自分がやらないで誰がやるんだ」

という意識で取り組めることを見つけたいですね。

 

ではでは〜。

 

 







-れん, 考えたこと
-

Copyright© のれん!【ノマドフリーランスになるブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.