れん 考えたこと

1ヶ月やるべきことがない状態をつくったら自分のやりたいことが明確になるかもしれない話

投稿日:

スポンサーリンク

 

どうも、1ヶ月ほどほぼニート状態のれん(@koseren7521)です。

 

有給やら繰越休で1ヶ月程度休んでから最近会社を退職しました。

1ヶ月ちょっと何もするべきことがない状態が続いております、ニート万歳!

 

自由に使える時間がポンっとできると人は何をするか。

  • やりたいことをひたすらやる
  • 時間がなくてできなかったことにかたっぱしから取りかかる

あたりが思いつきますね。

 

正解は

ひたすらダラダラする

なんですね。

いやーこの時間が最高で。。

 

しかしこのほぼ生きるだけの1ヶ月間を通じてわかったことがあります。

自分が生命活動意外でついやってしまうこと、です。

 

余暇時間が増える=仕事をしなくても生命活動ができるようになる=好きなことしかしなくなる未来

がいずれはやってきます。

 

そのときに向けて自分が生命活動以外についやってしまうことを突き詰める作業は有意義ですよ〜(ニートの戯言)

 

ニート(ほぼ)のとある1日の時間の使いかた

まず朝(AM10時)起きて「寒っ!」と思います。そんな気温ではトイレに行けず、布団の中でスマホを開いて

2時間ほどyoutubeをみたり、メルカリをチェックしたり、漫画アプリで漫画を読みます。

 

ただ生きているだけでお腹は空きます。

ヨーグルトあたりを摂取してPCを開きますが

なんやかんや最終的にyoutubeにたどり着いて死ぬほどドラムの動画を観て練習パッドで再現します。

 

飽きてきたらkindleで漫画を読みます。

ちょっと頭に刺激が足りないなーと思い最近買った本を読みます。

日が暮れます。豚キムチチャーハンでもつくってお風呂に入って寝ます。

 

、、、、、のループ!!

 

楽しい。。。

 

人間としてやるべきこと以外についやってしまうことがある

起きてトイレ行ってご飯食べてお風呂に入って歯を磨いて、毎日これでいいや〜、と思っていました。楽ですもん。

 

しかしこの生命を維持するだけの生活僕には無理でした。

 

先ほどの1日のスケジュールの中には

  • youtubeのドラム動画を見て再現する
  • 漫画、本を読む

という特に生きていくために必要ではない行動が混ざっています。

この上記の行動をひたすらやっていく毎日でもいいのですがそれもなんか違う。

 

ドラムの動画を見てたらやりたくなること

ドラムの動画を観て練習パッドで再現したら、実際のドラムでも叩きたくなる

→ドラムを叩けば他の楽器やバンドで合わせたくなる。セッションにも行きたくなる。

→自分の実力がどの程度かわからないからもっといろんな人と合わせたくなる

→「なんか自分意外と実力ある?」と思ってフェスやライブを企画したりコンテストに出場したくなる。

→ジャズに携わる人が少ない、敷居が高い、ライブハウスに行きにくい、などの課題点が見つかってきて解決したくなる。

→showroom,VRを使った新しいバンドの稼ぎ方にも興味あるなぁ〜

 

漫画・本を読んでたらやりたくなること

好きな漫画を読む

→漫画を読んで感動して「ちょっとでも誰かの役に立ったらいいなぁ」と思いブログやSNSで広めてみる。

→ブログやSNSでの繋がりをオフラインでイベントとして開催したくなる。

好きな本を読む

→本を読んで得たことを実際に生かすため活動の場を探す。

→クラウドソーシングサービスで自分が得た知識を活かせる仕事を獲得してやってみる。

 

自分がついやってしまうことは突き詰めると社会の役に立つ

あくまで僕の場合ですが、

ドラムの動画を見る、という行動から、

「ジャズやライブの敷居を下げる活動」

「バンドの新しい稼ぎ方」

という新しい興味が出てきました。

 

本・漫画を読んで

「好きなもののコミュニティをつくる」

「クラウドソーシングで仕事を始めてみる」

という行動に至りました。

 

どちらも自分がただただ大好きでやっていたことから派生して社会を巻き込んでいます。

 

みんながみんなそんな行動できないよ、、、

と感じるかもしれません。

しかし人間として生きている以上、社会活動をしたほうが楽しいんですよ。

 

社会活動をするもしないも個人の自由です。

 

「コミュニケーション能力がない」といっても現代はネット社会。

自分が無理しない方法で社会と関わることはできます。

 

匿名でSNSで発信するのもよし。

Facebookでグループをつくってみるのもよし。

とりあえずブログを書いてみるのもよし。

 

自分のやりたいことを一人で取り組むのに飽きてきたら周りを少しだけ巻き込んでみましょう

それは絶対に誰かのためになります。

 

こんなこと発信してもなぁ、、、

と思うのはチャンス。

 

「くだらない」と自分で思うということは大衆には受け入れられないかもしれません。

しかしネットがあればめちゃくちゃ共感してくれる誰かに絶対届きます。

 

忙しい毎日の中でただただ生きてみる時間を確保しよう

この「ただ生命活動をする時間」という作業(?)は結構大事だと思うんですよね。

自分がついやってしまうこと、がわかるから。

 

5年後にはこのついやってしまうことで生きている人がほとんどです。

 

今人が「価値をつくり出している」と思い込んでいる作業はAIが代わりにやってくれます。

今まで人間が「経済成長させている」と思い込んでいた活動は機械が自動でやってくれます。

「デザイン」「ライティング」「企画」「マーケティング」「営業」

などなど今ほとんどの人間が従事している作業には機械が入ってきます。

 

そこで問われるのは「あなたはどんな人ですか?」ということ。

 

そのとき大事にするようになるのは自分がついやってしまうことだと思います。

 

忙しさで時間が取れないとしても自分と向き合う時間だけはちょっとずつ確保したいですね。

 

では〜。







-れん, 考えたこと
-,

Copyright© のれん!【ノマドフリーランスになるブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.