おったそ 恋の悩み

酒癖が悪い彼氏の対処法:酒癖は治るのか?上手に付き合うテクと体験談

投稿日:

お酒

スポンサーリンク

恋に悩める淑女のみなさん。ごきげんよう、おったそです。

 

彼氏の酒癖が悪い。。正直、別れようか迷ってる。。
でも、普段の彼はすごく尊敬できるし、本当に素敵な人なんです。
だけど将来のことを考えると心配で。。」

、、、なんて。

「彼の酒癖」のことでお悩みではありませんか?

 

私は悩みました。

とても悩みました。

そして最終的にある決断を下しました。

 

今回は、私が「酒癖の悪い彼」とお付き合いするにあたって、
どう考え、どう対処し、その結果どうなったかについてお伝えします。

同じように「酒癖の悪い彼」にお悩みのみなさんの参考になれば幸いです。

 

彼の酒癖の悪さに気付いてしまった時

ショック!

「えっ、まさか彼って、酒癖悪い・・・!?」

 

いま目の前にいる素敵な男性は、お酒に酔ったらどんな状態になるのか?

必ずしもわかってからお付き合いがスタートするとは限りませんよね。

 

私が彼の酒癖の悪さに気づいたのは、
お付き合いがスタートしたあとでした。

どうしよう、まだ付き合ったばかりだから戻れなくなはい、、
けど、もうだいぶ好きになっちゃんたんだよなぁ。。

それなりに「この人!」と、
心に決めてしまったんだよなぁ・・・。

あーどうしよう、でもこの酒癖は問題だよな。。
でも好きだなぁ。。

さて、

  1. 別れるか
  2. 別れないか

 

・・・どうしましょうか!

と、悩むこと数日。

 

私は別れないことを決意しました。

 

ここで簡単に「別れる」選択ができる人は、
彼氏の酒癖云々で悩むことなんてないハズ。

せっかく人を好きになったんだもの。
その気持ちを捨てる努力をするなんてもったいないじゃないですか!

この先どうなるかわからないけれど、

とにかく「酒癖」以外は大好きな彼と、
二人で幸せになるための道はちゃんとあるに違いありません。

その道にたどり着くためには、
この酒癖は放置していいわけないよなぁ。。

というわけで、試行錯誤手を打ってみることにしました。

 

「酒癖が悪い」とはどういうことか?

はじめに、「酒癖が悪い」ことの定義を確認しておきましょう。

もしかしたら、
彼に対して「本当に酒癖が悪い!><」と不満を持っているのは自分だけで、
一般的に酒癖が悪いと言われている人たちからみたら

そんなのたいしたことないじゃんw普通普通w

と言われてしまう程度かもしれませんし!

さらっと調べてみたところ、「酒癖が悪い人」と言われしまう主な原因は、
お酒を飲んだ後のこんな行動でした。

 

◆「酒癖が悪い人」の行動パターン例◆

  • 知らない人や異性にしつこく絡む
  • やたら大声で話す・怒鳴る
  • 飲む量をコントロールできなくなる
  • 暴言を吐く
  • 暴力をふるう
  • ところかまわず寝てしまう
  • 態度が横暴になる

などなど。

 

うーんなるほど、
まとめると、お酒を飲んで迷惑行為に及んでしまう人は、
「酒癖が悪い」と言われてしまうのでしょうか。

迷惑行為、、とまではいきませんが、

だれかれ構わず電話をかけるとか、
同じ話を何度も繰り返すとか、延々と泣き続けるとか・・・

お酒を飲んだことにより、
いろいろと普段はしないような行動をしてしまう人がいますよね。

そういう人たちも決して全く酒癖に問題がないとは言えませんが、
たしかに一概に酒癖が悪いとも言い切れない気がします。

どんな行動でも、行き過ぎてしまったり、他の人の迷惑になる行為が目立つ人のことを、
「酒癖が悪い」
と言えそうです。

 

彼の酒癖はこんなふうに悪かった!

飲み過ぎ

問題の私の彼ですが、お酒を飲みすぎるとこんな症状が表れます。

【飲みすぎた時の様子】

  • 対応がになる(レベル1)
  • 対応がさらに雑になり、乱暴になる(レベル2)
  • ところかまわず寝てしまう(限界に達した時)
  • 次に目覚めた時、酔っていた時の記憶は失われている・・・

 

激しい暴力や怒鳴ったりなどはありませんが、
これは「酒癖が悪い」と言えるのではないでしょうか。

なんだか酒癖が悪い人たちについて色々と調べてみた過程で、
私の彼は、酒癖が悪いとは言え、悪い中では軽症なのかもしれないと思えました。笑

でも記憶が失われている、、というのは、非常に問題ですよね。。

酔いから覚めた時自分が何していたかわからないわけですから。

酔って周りに迷惑をかけたとしてもそれを覚えていなかったり、

ある時は2件お店にいったのに、
目覚めたときには2件目の記憶がスッポリ抜けて、
1件しか行っていないと思い込んでいる時なんかもありました。

 

彼の酒癖を治したい!でも、酒癖って治るの?

よし、思い立ったが吉日!
早く何か手を打とう!2人の明るい未来のために!

・・・とはいえ、、
はてさて。だいたい酒癖というものは治るのか、治らないのか?

 

それすら定かではありません。

 

無論、酒癖の特効薬なんてありませんし。

ネットで酒癖は治るのか?治らないのか?について調べると、
結果はそれぞれ。みんな言っていることがマチマチです。

 

しかし・・・、

 

感覚として、口コミ的には8割、、、いや、

9割の人は治らないと言っている気がするんですけど。。

悲しい

・・・そっか、、、「酒癖」って治らないのね。。

 

私のリアルな友人・知人の経験談としては全滅です。

彼の酒癖が治ったよ!なんていう人は1人もいませんでした。

アルコール中毒者と関わる機会がある仕事の友人に話をすると、
酒癖の悪い人についてあれやこれや語ったあげく、

 

そういう人はたいてい一生そうだし、
歳をとってから悪化するパターンのほうが多いからやめといたほうがいいよー。

 

とまで言われる始末。

 

なんだよちくしょー!酒癖は治らないだなんて!
私の恋に未来はないのか!?

 

彼の酒癖が悪い原因は?原因に合わせた対策をしよう!

いや、でもですよ?
これに関しては結局まわりがどうあっても何を言われても、

そう簡単にあきらめるわけにはいかないんだ!

だって別れないって決めちゃったんですから。

自分と相手の幸せのためにも、あきらめるわけにはいかないのです。
それにまだあきらめるには早すぎる気がします。

 

ということで、

もし彼の酒癖が悪くなる原因があるのなら、それを1つ1つ探って、
それぞれの対策をうっていけば、

酒癖が治る可能性があるかも!とポジティブに考え、
原因を探ってみることにしました。

以下に酒癖が悪くなる代表的な原因と対策を挙げています。

 

もしあなたも彼の酒癖でお悩みなら、
彼の酒癖に対して適切な処置を考えるために、一緒に酒癖が悪い原因を探ってみましょう。

原因が特定できたら、ぜひ対策を実践して、明るい未来をつかんでください。

 

原因1:ストレス

彼が日頃から、仕事が忙しすぎたり、人間関係に疲れていたりして、
それをためこみがちな場合や、自由に羽根を伸ばせる環境がない場合、

もしかしたらストレスが原因でお酒を飲みすぎることにより、
酒癖が悪くなってしまっているのかもしれません。

→対策の例

もし、ストレスが原因と考えられる場合は、
お酒以外のストレスのはけ口を提案してあげましょう。

一口に「ストレスが原因」と言っても、そのストレスのもとは様々です。

彼の話をよく聞いて、彼を苦しめるストレスの根本的な解決のためにできることを、
一緒に考えて、行動しましょう。

そうすれば、彼は酒癖が悪くなるほど飲まずにすむかもしれませんし、
酔っても周りの迷惑になるような行動はしなくなるかもしれません。

 

原因2:遺伝

遺伝

酒癖の悪さは遺伝する。という説があるそうです。

アルコールの代謝に関する酵素がどうこうとか、受容体がどうこうとか、
それに関わる遺伝子があれやこれやとか。

調べてみると色々な説がみつかります。

彼の両親が酒乱だから、彼も酒乱だとか、彼の子供がどうなるとか。

断定はできませんが、可能性はあるかもしれません。

→対策

まぁ、可能性はある、、かもしれませんが、

仮に調べて、遺伝が原因と断定できたところで、解決策はみつかりませんよね。

酒癖が悪くなる遺伝子の治療なんて、できたとしても現実的ではないでしょうし。

 

だから、もしあなたの彼の酒癖の悪さは遺伝も原因かな。。
と思ったとしても、

この原因について特に対策を考える必要はありません。

両親や彼の生まれはどうあれ、彼は彼ですから!
考えすぎて彼の両親や家族を嫌いになることのほうが問題です。

ですが、もし彼のほうが、

「これは遺伝だから仕方ない!」みたいなスタンスで
あなたに向かってきた時は、

迷わず、

「遺伝だとしてもお前はお前なんだからそんなの関係ないんだよ!
お前がこれからどうするかが大事なんだよ!」

と、諭してあげてくださいね。

 

原因3:体調

体調

彼の酒癖が悪いのは、もしかするとその日の体調コンディションの問題かもしれません。

お酒を飲んだ後の彼の様子が日によって大きく異なったり、
場合によっては全く酒癖が悪くならない日もある。

なんてことがあれば、体調が原因の可能性があります。

→対策

この場合、お酒自体をセーブしなくても、
体調をコントロールできれば何も支障なし!ということもあり得ます。

例えば、すきっ腹で飲んだ時は酒癖が悪くなる、
体調が悪い時は要注意。

など、どんな時に彼の酒癖が悪くなるか見極められれば、
一気に解決への糸口がみえはじめます。

「飲む前になんか食べたっけ?」「具合悪いとかない?」「今日はたくさん飲めそう?」
などと、お酒を飲みはじめる前に彼の体調をチェックしてみましょう。

もちろん、1人で全て把握しようとはせず、彼にも自己管理を促してくださいね。

 

酒癖が悪い原因がさっぱりわからない!もう諦めるしか。。

原因を探ってみて、対策をうってみて、効果があらわれれば万歳です。
あとは彼と力を合わせて継続していけば、完全勝利も夢じゃないでしょう。

ですが、

酒癖が悪い原因がさっぱりわからない。。
もはや遺伝や生まれつきとしか思えない。。

という場合は、

残念ながら彼の酒癖を治すのは難しいかもしれません。

(私の彼も本当に原因が不明でした。。)

 

なにかの拍子や彼自身の変化でよくなることはあっても、
原因がわからなければこちらからアプローチすることはできませんし。

だからと言って、
これ以上彼の酒癖の悪さに振り回されたくないし、
そんな彼も見たくない。

 

それならもう、やっぱり諦めるしかない、、のでしょうか?

私の恋に未来はないのか!?(2回目)

 

治らないなら治らないと諦めた上での対処法を!

ひらめき

 

そっか、、、彼の酒癖は治らないのか、、、。
少なくとも今の時点で自分ができることはないのかもしれない。。

とまぁ、嘆いていてもことは進みません。

それならいっそ、潔く諦めちゃおうかな!へへへ!←

 

でもただあきらめるんじゃなくて、チョット考え方を変えて、
病気と同じで、

治らないのなら上手に付き合っていく方法を探れば良いのでは!

 

そうだこれだ。

ということで、
私はいったん彼の酒癖を治すことを諦めて、別の道を探すことにしました。

ポーイ。

諦める

 

もし、あなたが原因もわからないまま彼の酒癖を「治そう」

と思っているのなら、それは諦めたほうが良いかもしれません。
というか、諦めましょう。一緒にあきらめましょう。←
たしかに、中には酒癖が治った!という人もいることは事実ですが、
それがカナリ少数派だということもまた事実です。

 

そんなわずかな希望に向かって頑張り続けるよりも、
難しいことは潔く諦めてしまって、別の方法で幸せを掴めたら、それはそれでいいじゃないですか。

何と言いますか、あきらめるというよりは、
治すことは考えないことにして、別の方向から酒癖に対するアプローチをしようよ。

ってことです。

そうやって過ごしているうちに、
治ったら治ったで、ラッキーだな!みたいな。

 

別の方向=節酒・禁酒という選択肢

ダメ!

 

別の方向からアプローチってどういうこと?

それは、どうすればお酒を飲んでも彼がいつもどおりでいてくれるのか?
考えるのではなく、飲んでしまったら彼がひどい状態になることは仕方がないので、

彼になるべくお酒を飲ませないためにはどうすればいいのか?

考えてみようぜ、ということです。

 

つまりは、「彼にお酒を控えてもらおう!」ということですね。

彼には辛いことでしょうが、
もう私にはこれしか思いつきませんでした、ごめんなさい。

 

お酒が好きな人にとって、お酒は生活の中で楽しみの1つでしょうし、
欠かせないものであることはわかります。

好きな人から、その楽しみを奪ってしまうのは非常に心苦しいですが、
我慢して自分が傷つき続けて、関係が破綻していく未来を迎えるのは絶対に嫌です。

 

私が彼にやんわり持ちかけてみた結果。

お酒減らせって言われたら減らせる?
えー。。まぁ、、無理ではないかなぁ。

 

スマイル

 

・・・あ、ものすごく嫌そうだけど意外といけそうだ。

(心の声)

これはもう少し具体的に提案してみる価値がありそうです。

自分のお酒の限界ってわかる?
酒癖が悪くなりはじめるのは何杯目くらいとか。
うーん、、お酒の種類にもよるしその時にもよると思う。

 

というか聞いてみたはいいけどそもそも彼は飲みすぎて酒癖が悪くなり始めると
記憶がなくなってしまうんでした。
どのくらい飲んだら、、とか覚えてるほうがもはや奇跡!

うむ。彼自身にわからないならば仕方がない。
私が調査しようじゃないか!

 

彼に提案・相談してみよう

もし私と同じように、彼の酒癖が悪いことに悩んでいる、かつ、
原因がさっぱりわからなくて詰んだ。という方がいれば、

彼にお酒を控えてもらうことについて提案・相談しましょう。

彼の方も、辛いことを強いられることになるので、
そう容易く「はいわかりました。」ともいかないかもしれませんが、

2人のこれからを真剣に考えた結果なんだと伝えれば、

きっとわかってくれるでしょう。

 

彼の酒癖が悪くなるのは何杯目?どのくらい減らせばOK?

「彼にお酒を控えてもらう!」と言っても、

いきなり「一切飲むな!」というのはあまりに酷です。

そのストレスで逆になにか問題を起こしかねません。

 

しかし、線引がゆるすぎて、たしかに量や回数は減ったかもしれないけど、
相変わらず酒癖の悪さによる被害を受け続けている、、なんてことになってもそれはそれで問題です。

 

彼がお酒と上手に付き合うことができるリミットはどこか?

 

ここまでなら、お酒を飲んでも酒癖が悪くならない!

というラインを見極めましょう。

見極めのためのチェックポイント

  • 様子がおかしくなるのは何杯目?(適量を見極める)
  • お酒の種類による変化はある?(苦手な種類・得意な種類を見極める)
  • 毎日飲むことが当たり前になってない?(休肝日を見極める)
  • お酒を飲む時間は決まってる?(惰性で飲んでいるだけの可能性も)

 

私の彼の場合・・・

私の彼の場合は、

彼の飲酒状況と酒癖について、
共通の友人との飲み会や、家で飲んでいるときに調査・分析してみた結果・・・、

 

「どんな種類のお酒でも絶対に大丈夫なのは2杯めくらいまで。

それ以上飲むと場合によっては危ない。」

 

ということが判明しました。

 

解決まであと一歩!彼のサポートは絶対に怠らない

ここまできたら解決まであと一歩です!

分析によって導き出された結果から考えだした、彼へのお願いを、優しく伝えます。

外国人女性

「私ね、あなたとは将来を考えて真剣にお付き合いしてる。
これからもずっとあなたと一緒にいたいし、一緒に生きていきたいと思ってる。

これはそのためにどうしても必要なことなの、だから、、、その、、
約束してくれないかしら?

お酒は1日2杯までにするって。

そのために私にできることならなんでもするわ、ええ、当然よ。
だからお願い、ね?愛してるわ、ダーリン。」(海外ドラマ風)

 

ハイライトは、やっぱり「私にできることならなんでもする」ってところだと思うんですよ。

それから、とともに伝えること。←

 

私自身は節酒・禁酒に取り組んだことはないので確かなことは言えないのですが、

たぶん節酒・禁酒って、
周りの人のサポートがあるかないかで、カナリ心持ち変わってくると思うんです。

だから、もし彼がやる気になってくれたら、
決して自分も継続したサポートを怠ってはいけないなと。

 

それでサポートすることすら辛くなったり、
どう頑張っても彼自身に改善がみられないなら、その時はその時ということで。

焦ったって仕方がない。

自分自身と彼を信じて、明るい未来をつかみましょう。

 

もしどうしても彼が協力してくれない場合は

後ろ姿

悲しいことですが、もしどうしても彼がわかってくれず、

  • だったら別れる!とか
  • お前が我慢すればいい!とか

全く理解を示してくれない時は、彼に見切りをつける時かもしれません。

女の人は誰でも、自分のことを雑に扱ったり、
大切にしてくれない男性とは付き合うべきではありません。

そんな男性と付き合って自分の価値を下げてしまうより、
一時の辛さを乗り越えて新たな幸せに向かって歩き出すべきです。

一度別れないと決意した後だとしても、お酒か、あなたか。

天秤にかけた時、お酒を取るような人とは、お別れしたほうが幸せになれるはずです。

 

具体的に、彼のために何ができるのか?

「お酒は1日2杯までだよ!お願いだよ!」

「うんわかった頑張るよ!」

と言って、すんなり彼が実践できればサポートなんて必要ないのかもしれませんが、

  • 頑張ってくれているけど、どうしても飲みすぎてしまう日が多い。
  • 会社の飲み会などで断りきれずに飲みすぎてしまう時が多い。

など、環境的に誘惑が多かったり、
彼自身の努力だけでは結果を出しきれない場合、彼女としてのサポートが必要です。

ヒーロー

 

ハッ!彼が苦戦している!これは私の出番だな!安心してくれ!!(グッ)

 

 

・・・でも、具体的に彼のためにできることってなんだろう?

 

とても参考になるリストがあったので、ご覧ください。

 

お酒を飲み過ぎないために取り入れたい生活習慣
□ お酒を飲み過ぎてしまう相手と場所を避ける
□ お酒の誘いの断り方を上達させる
□ 自動車の運転や運動など、お酒を飲んだらできないことを行う
□ お酒以外の楽しみ(趣味)を増やす
□ お酒は自分にとって効用より害のほうが多いことを思い出す
□ お酒を飲むことを家族が心配していることを思い浮かべる
□ お酒を飲んで自分の病気が悪くなることを思い浮かべる
□ お酒を減らせたら健康になることを思い浮かべる
□ 酒席では、まず食事を取ってお腹を一杯にする
□ 酒席では、お酒以外の飲み物をまず飲む
□ 酒席では、小さいコップで飲む
□ 一口飲むたびにコップをテーブルに置く
□ 次の一口までの時間を長くする
□ 1日に3時間以上は飲まない
□ 酒席では、自分のコップを空にしない(注がれないように)
□ 酒席では、お酒を注がれないように、断り方を上達させる
□ 周りの人に目標を宣言して協力してもらう
□ 一緒に酒を減らす(止める)仲間を見つける
□ 夜10時以降はお酒を飲まない
□ イライラするときはお酒を飲まない
□ もし飲んでしまっても、やけにならず、もう一度やり直す
□ 飲んでしまったら、そのことを周囲の人に正直に話す

引用元:NIKKEI STYLE

これは、『肥前精神医療センターが多量飲酒者向けに提供している節酒ノウハウ』だそうです。

生活に寄り添った具体的な項目が多く、非常に有用なリストだと思います。

 

このリストを参考にアドバイスをしたり、実践のサポートをすると良いでしょう。

 

まさかアルコール依存症?チェックテストをやってみよう

診察

色々と手を尽くしてみたけれど、どうにも手におえない!
酒癖が悪いのは相変わらずだし、全く量が減る気配もないし・・・。

なんだか彼のお酒の飲み方はおかしいのでは?

という場合は、「アルコール依存症」の可能性を考慮しましょう。
本人は否定するでしょうし、恋人としても信じたくない気持ちが勝ってしまうため、
なかなか病院に行こう!と踏み出しにくいかもしれませんが、

あまりにひどい場合はその可能性も考慮しなければ、最善の対応はできません。

もしかして?
と不安になったら、ホームぺージで簡単なチェックテストをやってみましょう。

チェックテストをやってみて、その結果が好ましくなければ、
できるだけはやく専門のお医者さんに相談です。

(同ホームページから医療機関の検索をすることができます。)

 

最後に

今回は、「酒癖が悪い彼氏」に焦点を当てて、対処法や体験談をお伝えしました。

しかし、彼氏に限らず、旦那・職場の上司・友人など、
お酒を飲むとどうしても迷惑行為に及んでしまう、
いわゆる「酒癖が悪い人」と関わってしまうことがあると思います。

それが自分にとってどうでもいい存在の人ならば、
単に関わらなければよいだけですので、話は簡単ですが、

それが自分にとって大切な人だった場合、
どうにかして自分も、その人も、ストレスのない良好な関係を築きたいですよね。

そんな時、相手に文句を言ったり、禁酒・節酒を強要するばかりではいけません。

大切な相手だからこそ、自分事として一緒に解決していこうという気持ちで、
さまざまな対策に取り組んでみましょう。

その人を大切だと思う、自分の気持ちが続く限り、
辛いだけの努力ではないはずですよ!

まぁ、一緒に頑張るのが辛くなって、自分が疲れ切ってしまうようなら、
潔くサヨナラする勇気をもてばいいだけですから。

大切な人は大切なことにかわりはない。
でもその人がだけがすべてではない。

と、思って、気楽にいきましょう!

 

「酒癖の悪い彼氏」に悩める女子たちが1人でも多く幸せを掴めますように!

 

それでは。

 

おまけ(おったそと彼のその後)

「お酒は1日2杯までだよ!お願いだよ!」
OK~。

という約束をした、その後、、、

なんと約束をした次の日から今まで、

信じられないくらい順調です。

 

約束をした日以来、キッチリ約束を守ってくれて、
一切彼の酒癖に悩まされなくなりました。

ここまでしっかり大好きなお酒を減らす努力をしてくれるなんて、、非常に愛を感じます。
ありがとう、本当にありがとう・・・。

何か辛いことがあったら、私が一緒に何とかするから!
これからも人生通してあらゆる問題を共に乗り越えていこうぜ!

おしまい。







-おったそ, 恋の悩み

Copyright© のれん!【ノマドフリーランスになるブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.