お役立ち れん 考えたこと

社会人になった今だからこそ読書をするべき4つの理由

更新日:

スポンサーリンク

 

1ヶ月で30冊は本を読みます!れんです。

 

札幌ではコーチャンフォー、ジュンク堂、紀伊国屋、

関東にいたときは湘南T-site、代官山TUTAYAに頻繁に出没していました。

古本屋はほぼすみかです。

 

「なんでそんなに読書するの?」とよくいろんな人から聞かれますが

社会人になった今だからこそどんどん読書をすべきだと思っています。

 

社会人になってから

そういや読書の時間が取れてないな〜
本なんて読まんわ!ゲームしてたいわ!

と思う方はぜひ読んでみてください。

 

1,偉人が苦労して得た経験、知識を短時間で自分のものにできる

本は著者が何年も苦労して苦労して得た経験を文字におこしたものです。

 

例えばあなたが

上司との関係がよくない、どうしよう、、

と悩んでいるとします。

 

そんなとき「人間関係」「社内コミュニケーション」などの本を読めば、著書が苦労して得たであろう経験を1時間かそこらで知ることができます。

もちろん自分で悩んで動いて、というのも大事です。

しかし本を読んだ上で自分なりに行動するのと、ガムシャラに行動するのでは時間のコスパが違います

 

さくっと早く効果を出してどんどん自分の人生を前に進めたい!

という方は先人の知恵を借りてみるのもいいと思いますよ〜

 

2,費用対効果が高い。(消費ではなく投資になる)

読書は費用対効果がかなり高いです。

 

ソフトバンクの孫さんや京セラ・KDDIの稲盛さんなど直接話を聞こうと思ってもなかなか聞けない方の想いや考えかたを1,000円ちょっとで買えるんです。

しかも好きなときに好きな箇所を読み返せます。自分の血肉になります。

 

社会人の方で週3で毎回3,000円浪費する飲み会に行くという方は

ちょっと休肝日をつくって読書に投資してみるのはどうでしょうか?

飲みよりはコスパ高いですよ〜

 

 

3,いろんな人生・価値観を知ることで自分がわかる

読書をするとさまざまな人生・価値観を持つ人がいることがわかります。

家にいながら旅をして人に会ってるようなものです。しかも過去の偉人にだって会えます。

 

自分は今国内外気になっているいろんな場所に住むライフスタイルに移行しているところです。

それは「人生の選択肢をもっと知りたい、広めたい」という思いからです。

 

いろんな人に会って話して、いろんな国に住むと自分がさらに自分になっていきます

1ヶ月30冊程度読書をしてもその著者の誰かにはなりません。

いろんな考えを取り入れながらどんどん自分になっていきます

 

自分を知る人が増えると各地で面白いマイプロジェクトが生まれてくると思います。

そんな世の中にしていきたいなぁ〜

 

4,いろんな人の頭を借りながら自分の頭で考えるようになる

読書をしさまざまな人の考えかたにふれると何か問題に直面したとき

「あの人ならどう考えるだろう」

「この人ならこう行動する」

という考えかたができます。

 

一見「他の人の知恵を借りてるだけじゃん!」と思いますが

何かを学ぶ際の基本、守破離なんです。

それに「この人ならこうする」って考えること自体は実際自分の考えですよね。

 

読書をすることで偉人の知恵を借りて勇気をもらいつつ、自分の頭で考えることができちゃいます。

 

社会人になりお金に余裕ができた今だからこそ読書をしよう!

読書をする人が増えるともっともっと面白い世界になっていくと思っています。

 

飲み会でお金浪費しているな〜と感じる社会人の方はぜひ読書への投資をしてみてください。

もちろん飲み会が自分の人生を前に進める機会になっているのであればいいと思います!

 

まずは本屋に行って気になる本を手に取ってみるところから。

こんな記事もあるので読む習慣ができたら実際に行動できるといいですね。

 

では〜







-お役立ち, れん, 考えたこと
-,

Copyright© のれん!【ノマドフリーランスになるブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.